2019/08/19


             
She crossed the river when she was young.



2019/07/31


I drew a black line on the red line very carefully.

2019/06/26




Watchman



2019/05/26


Stealing a Peach

2019/05/17



              Immortality

2019/05/01


QR

2019/03/26


milkyway



2019/03/12


NEW YORK

2019/01/15



  
  The vagabond losing homeland and wandering various countries


2019/01/05


                                                      INCISOR

2018/12/11


Verfall


2018/10/31



夕月夜 心もしのに白露の置く この庭に蟋蟀鳴くも

2018/09/28

2018/09/02



                                     

Things happen as expected.

2018/08/20


    divination by lot

2018/07/24



Intestine

2018/06/20



2018/06/02


Something called "odd eyes"
オッドアイは和製英語である。

2018/05/29






2018/04/30



猶子の撹乱はギザに信憑性があるのでしょうか?






2011/03/08






Three men walking





2011/03/05






               Island echos

2011/03/02






hearing loss

2011/02/26






























 Y市の耳(松本竣介に)

2011/02/25



A Possible Communism


2011/02/24








生物的接触分解

2011/02/23










Bottomless







一人は柱に触れて「象の足のようだ」と言い、一人は団扇に触れて「象の耳のようだ」と言い、一人は太い綱に触れて「象の鼻のようだ」と言い、一人は太鼓に触れて「象の腹のようだ」と言い、一人は壁に触れて「象の脇腹のようだ」と言い、一人は箒に触れて「象の尾のようだ」と言う。誰もが何かを象として見ている。わたしが追い払っているから、象はここにはいない。けれど象たちが二度とここへ戻らないようにするためには、こうやって追い払い続けなければならない。



Tighten a screwhead of my head tightly, please

(Stoned elephant)

2011/02/22



Wrong Letters and Substitute Characters

2011/02/19



Caosmos

2011/02/18





Book reader






treachery




× 凹 = 凸

2011/02/17


彼女が腰を下ろせるように、

私はその皿を持ち上げてやった。



明るい円い月がやがて空に照り渡り出したが、

足許は暗かった。



そして多分その夜も彼女は

同じ室内に君達の居るにもかかわらず、

まるで誰もいないかのように、

自分の膝の上か私の氷嚢のあたりかを見つめていたに違いない。



Searching for refrain

This which is not a question is not reverse

and the question which is a question is at noon


























Under the whopping big mushroom,




The mummy hunter himself becomes a mummy





Boys vomit
cotton fields forever
on the beach
in the black rain